不動産業の目的

両直(りょうちょく)取引ができればベスト

不動産屋の目的は、「いかに仲介手数料を多く稼ぐか」です。不動産の売買契約が成立した場合には、不動産屋の仲介手数料は売買代金×3%+6万円が上限となっています。 ある不動産の売買代金が1億円の場合で考えてみると、1億円×3%+6万円=306万円を当事者の一方から仲介手数料として受け取ることができます。 「当事者の一方から」ということは、その不動産屋が売主・買主双方から仲介依頼を受けている場合には、仲介手数料は倍額の712万円受け取ることが可能となります。すごい金額ですよね。 このように、不動産屋が売主・買主の双方から仲介手数料が受け取れるような取引のことを「両直(りょうちょく)取引」といいます。不動産屋にとっては、両直取引ができれば効率よく仲介手数料を稼ぐため、両直可能案件には必死で取り組むことになります。

売主をグリップできる不動産は強い

両直取引は、売主・買主双方から仲介の依頼を受けなれば成立させることができないため、現実にはなかなか成立させることができません。 そこで、現在ではいかに「売主からの信頼を勝ち取ることができるか」が不動産屋にとっての重要な課題になっています。 不動産は、個別性が強いことから同じ物件は一つしかありません。したがって、売主も一人あるいは一社なのです。市場性の高い不動産の売主から信頼を得て仲介の依頼を受けることができれば、買主を自社で発見できれば両直取引に持ち込むことができますし、他の不動産屋が買主を見つけた場合でも売主からは仲介手数料を受け取ることができるため、商売につなげることが可能となります。 よく、ホームページで「不動産の無料査定いたします」という文言を目にするのも、その不動産屋は売主からの信頼を勝ち取りたいからなのです。上手に不動産屋さんを活用して、有利な条件で不動産取引を進めたいものです。