お得で快適に

新築物件にお得で快適に住む方法

新築物件にお得で快適に住む方法を紹介します。新築物件とは一般的に、建ててから一年未満の物件を指すことが多いです。何ヵ月も売れずに残っていると、建てて間もない頃の価格から値引きをされて売られます。例えば、4000万円で売られていた新築物件は、建築3ヶ月後には3500万円として、さらに建築半年後には3000万円で売られるようなイメージです。その値引き額はメーカーや売り主によって異なりますが、在庫を持つよりは安くして売ってしまうという考えの方が多いです。値引きをされていますが新築にはかわりないので、大変お安くに手に入れることが出来ます。しかし、売れ残っていることには理由があることがあります。主に立地や間取りなとです。よく見極めてから購入してください。

新築物件の販売価格の相場について

新築物件の販売価格の相場について紹介します。新築物件の値段は、その土地の坪単価や物件の広さ、駅近くなどの利便性、物件を建ててからの期間、家の素材などによって決められています。坪単価が高い都会は、新築物件も高い傾向にあります。駅の近くになると値段が500万円から600万円程かわる場合もあります。物件を建築後、数ヵ月経っている場合には値引きをされることが多いです。素材を木材ではなく鉄筋にしている場合には値段が高くなります。土地柄などが大きく影響してきますので、新築だからいくらだという、決まった値段はありません。ハウスメーカーによっては、間取りなどを任せることで1000万円以下で家を建てられる場合もありますので、土地を持っている方は検討するのも良いです。